よくある質問

FAQ

質問項目一覧

FAQ list

お客様から寄せられた質問をまとめました。是非ご参考ください。
一覧にない質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

障害年金は何歳からもらえるのでしょうか?

障害年金は年齢ではありません。年金加入条件を満たせば対象となる病気やケガで初めて病院に行ってから1年6ヶ月目の障害の程度で障害等級を決めることになります。
ただ、それまでに病状が固定した場合は、その時の障害の程度で決まります。特定の病気によってはもらえる時期が違いますので、確認してください。

障害年金も受給していますが、
何年ごとに診断書の提出が必要ですか?

普通の場合、3年に1度がほとんどです。
病状が固定していない場合は年金機構が指定する年度ごとに診断書の提出が必要となります。
病状が変化しやすい病気の場合は毎年提出となりますし、年金機構の認定医の判断で決定されます。

障害年金はどんな病気やケガならもらえますか?

例えば次のような病気やケガで受給できます。 
・うつ病・そううつ病・統合失調症などの精神疾患及び知的障害
・脳血管疾患(脳梗塞・脳卒中など)、糖尿病、がん、心臓、腎臓、肝臓の病気、高血圧による障害
・眼・耳・鼻の病気、手足の障害、骨の障害
・血液・造血器障害、体幹・脊椎・そしゃく・言語機能の障害 など・・・

これらは一例です。病名が限定されているわけではないので、基本的にはあらゆる病気や怪我で受給が可能です。

身体に障害があれば、どんなときでも障害年金は出るのでしょうか。

障害年金は、初診日要件、加入要件、保険料納付要件がすべて満たされた上で初めて、障害の程度が法律で定めた等級に該当するかどうかを認定をし、その認定によって障害年金を出すか出さないか、あるいは、出すなら何級の年金にするかが決定されます。
詳しくは「障害年金の受給要件」をご覧下さい。

傷病の程度が軽いと、障害厚生年金はもらえないのですか?

障害等級が3級の場合、国民年金に加入していた人はもらえません。
厚生年金か共済年金に加入していた場合はもらうことができます。
2級以上の方は、各年金から支給を受けることができます。

障害者手帳を持っていないと障害年金は申請できませんか?

障害者手帳が無くても、障害年金の申請は問題なくできます。
障害年金と障害者手帳(療育手帳)は別の制度ですので、障害者手帳を持っていない方でも障害年金の申請は可能です。身体障害でも精神障害でも、手帳を持っていないからといって障害年金の審査でマイナスに働くわけではありません。

障害年金を受給するまでには、
申請してからどのくらいの時間がかかりますか?

目安としては次の通りです。 
・国民年金の場合(専業主婦や自営業):
 申請してから、決定までが約2、3ヶ月、実際の支給はそこから更に1、2ヶ月程度です。
・厚生年金の場合(会社員で給与から保険料が引かれている人):
 申請してから、決定までが約3、4ヶ月、実際の支給はそこから更に1、2ヶ月程度です。
※ただし、国民年金・厚生年金とも、病歴や医師の診断書の内容などにより、さらに詳しい審査が必要になった場合、上記よりも遅れることがあります。

働いていても障害年金はもらえますか?

障害年金はもらえます。
ただし、精神病での申請は難しいようですがその他の障害であればもらえる可能性があります。

障害年金がもらえる人の条件の中に「初診日」とありますが、
よくわかりません。

障害年金の初診日とは一言で言えば、「申請する傷病に関して、初めて病院に行って診察を受けた日」を指します。

障害年金は、一度認定されると一生受給し続けることができるのでしょうか?

結論として、そうではありません。
「永久認定」と「有期認定」があり、切断等(現在の医学で再生は不可能です)の場合は永久認定されることがあります。
その他ほとんどの障害は有期認定となり1~5年毎に認定されます。
そこで、障害の程度が軽くなっていると判断されれば支給が停止されます。

障害年金を受給してしまうとその後の就職が不利になりますか?

就職をして、社会保険に加入する際、会社に年金手帳を提出すると思いますが、現在年金手帳に障害年金の請求や受給について記載されることはありません。
ですので、会社に分かることはありません。
また、障害年金の受給したことは会社に通知されるようなこともありません。
プライバシーは保たれていますのでご安心ください。

20歳前障害年金とは何ですか?

20歳前に初診日があれば、保険料納付要件は問われません。
年金の加入要件も問われない福祉的な性質の障害基礎年金です。
20歳前障害年金の障害認定日は、20歳到達日の前日か、初診日から1年6月経過した日か、どちらか遅い日となります。障害認定日当時(前後3月以内)、1級か2級の障害状態なら請求し受給できます。その当時は障害等級に該当しなかったが、その後悪化し、障害等級2級以上となったら事後重症請求が可能です。

うつ病で休職中なのですが、支給対象でしょうか?

初診日に障害年金の保険料納付要件を満たしていて、うつ病と医師の診断され、現在自宅で身の回りのこともままならない程度の状態であれば、支給対象になる可能性があります。
詳しくはご相談ください。

事故で指を切断してしまいました。 生活に著しく支障があるわけ
ではありませんが障害年金をもらえますか?

厚生年金に加入中に初診日があり、障害の程度が軽い場合、「障害手当金」が一時金としてもらえます。けがが治った時点で、指を失った状態であれば5年以内の請求に限り、一時金を受け取ることができます。

障害年金は確定申告の対象となりますか?

障害年金は非課税となるため、確定申告は不要です。

所得制限はありますか?

原則として、20歳前に初診日があり障害基礎年金のみを受給している人以外は、所得制限はありません。

障害者手帳と障害年金の関係は?

障害者手帳が2級だったとしても障害年金が2級になるわけではありません。
障害者手帳と障害年金は、根拠となる法律も異なるためまったく別物とお考えください。

障害年金のご相談は名古屋中央社会保険労務士法人へ

052-228-8731
初めての方へ
ご相談・申請代行の流れ
障害年金の受給要件
受給事例
よくある質問
料金のご案内

〒460-0008 名古屋市中区栄2丁目10番19号名古屋商工会議所ビル11階

TEL 052-228-8731