がん・内臓
の傷病

Sick of cancer and
internal organs

がん・内臓の傷病による受給

In the case of sick of cancer and internal organs

胃がん、乳がん、子宮がん、肝臓がん、肺がん、悪性リンパ腫…など、癌にもさまざまな種類がありますが、すべての癌が障害年金の対象となります。申請するうえで、いくつかの注意点がありますので、知識をきちんと身につけて、慎重に手続きを進めていきましょう。

受給事例一覧

Receiving case list

乳がんによる受給

年 齢 女性(40代)
傷病名 乳がん
決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級
認定日請求 事後重症請求
相談前の状況

体中の関節に痛みがあり、倦怠感や頭痛に悩まされていました。
歩くだけで疲れてしまい外出もできない状況の中、相談がありました。
体調の悪い中、子育てもされていますが、日常生活でもほとんどをご主人様に援助されながら生活されていました。仕事や家事ができないことをとても気にされていました。

相談から請求までの当事務所のサポート

放射線治療やホルモン療法の副作用で倦怠感が強く、体中に痛みがあるため1日の大半を横になって生活している状況だったため、直ぐに障害年金の申請ができると考えました。
初診日はご主人様の扶養になっていたことから納付要件も大丈夫であること、認定日の請求が可能と判断しすぐに病院に診断書の依頼をしました。
ご本人様は外出ができないため、病院への文書作成の依頼等はすべて当事務所が代行しました。
病院もとても協力的で迅速な対応をしてくれたため、直ぐに申請をすることができました。

結 果

障害厚生年金2級に認められました。認定日までの10か月も遡って支給されました。

ポイント

障害年金を請求する場合には病院や医師の協力は不可欠です。
しかし、病院や医師によっては障害年金の請求の診断書をなかなか書いてくれないこともあります。
事後重症請求などの場合には、請求が遅れれば遅れるほどその方がもらえる年金が少なくなってしまいます。今回のように、病院や医師がとても協力的で診断書を直ぐに作成してくれたことや、代行している私どもにも書類の受け渡しをしてくれたことが、スムーズに手続きを行うことができた要因です。

慢性腎不全による受給

年 齢 男性(40代)/無職
傷病名 慢性腎不全
決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級
年金額 約78万円
認定日請求 事後重症請求
相談前の状況

ご本人から電話で問い合わせがありました。自分で請求をしたが初診日が認められず不支給になり、その理由が解らないので見解を聞かせて欲しいとのことでした。審査請求も考えているとのことでしたので、当事務所にお越しいただきました。

相談から請求までの当事務所のサポート

申請した書類を確認したところ、受診状況等証明書(初診日証明)に中学生時代尿検査で異常を指摘されたとの記載があり、20歳前傷病での申請でした。検査結果は残っていないため、年金事務所の指示のもと第三者証明書も提出していました。
初診日が認められないとの却下通知でしたが、第3者証明も提出していることもあり、理由を探るため審査請求を行いましたが、結果はやはり棄却されました。詳細にお話を聞いたところ、中学校時代に指摘されたが、その後病院受診したのは25年経ってからだったということもありその日を初診日として再度請求することにしました。

結 果

障害基礎年金2級取得、年間約78万円を受給されました(事後重症受給)。

ポイント

今回は新たな初診日で認定されましたが、このようなケースはなかなかありません。人工透析は2級認定になりますが、初診日の確定が難しい方はやはり専門家に相談することをお勧めします。

肝細胞がんによる受給

年 齢 男性(50代)/無職
傷病名 肝細胞がん StageⅣ
決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級
年金額 約200万円/年額(配偶者の加算あり)
相談前の状況

ご相談者からのお電話では、肝細胞がんの手術をして生命保険の医療給付請求手続きをしている。
そこで障害年金のことを知ったとのことでした。
1年6ヶ月ほど前にがんと診断されて切除手術を受けました。
手術後、体調が思わしくなく仕事は辞めました。日常生活は通院以外は外出することは出来ません。
新しい治療法や薬も試しているところでした。
体調が良い時だけ外出したりお電話するそうです。

当事務所によるサポート内容

初診日は、まだ2年しか経っていませんでした。しかし、どこが最初の病院なのか少し迷いましたが、
初診病院の確定が出来ました。診断書をチェックして訂正箇所の訂正依頼を出しました。
ご相談者様は、StageⅣでも通るのが難しいのではないかと心配されておられました。
日常生活状況を十分お伺いして、病歴・就労状況等申立書作成のサポートをいたしました。
ご相談者様の体調に合わせて、急がずにゆっくりペースで手続きを行いました。

結 果

障害厚生年金2級(年金額約200万円、配偶者加算あり)の支給決定されました。

ポイント

当事務所のサポートは、書類一式を整えて年金事務所に提出するまで45日を標準としています。
しかし、お客様の体調にあわせて45日にこだわらず、サポートさせていただきます。

障害年金のご相談は名古屋中央社会保険労務士法人へ

052-228-8731
初めての方へ
ご相談・申請代行の流れ
障害年金の受給要件
受給事例
よくある質問
料金のご案内

〒460-0008 名古屋市中区栄2丁目10番19号名古屋商工会議所ビル11階

TEL 052-228-8731