初めての方へ

Beginner's guide

代表ご挨拶

Greeting

一定程度の障害を持ち、納付要件などを満たした上で請求をすれば、日本国民なら誰にでも障害年金を受給する権利は発生します。
しかし、国のPR不足などの理由から障害年金制度そのものが周知されておらず、本来もらえるはずの人がもらえていない現状があります。
障害年金という制度は、申請が遅くなればなるほど申請者に不利な結果を招きます(カルテの破棄や時効消滅等)。
また、障害年金は障害の程度・内容やお一人おひとりの状態によって認定が異なり、100人いれば100通りの判断がされると言っても過言ではありません。
複雑な仕組みだからこそ、私たちはご依頼をいただいた皆様のお悩みが少しでも解決するよう、精一杯サポートいたします。
「障害年金を申請したいけど、どうすればいいのか分からない」
など、周囲に相談できるような詳しい専門家がおらずお困りの方は、是非当事務所にお気軽にご相談ください。

代表・社会保険労務士 久保 直也

障害年金とは

About disability pension

皆様は障害年金とはどんな年金かご存知でしょうか?
普段から聞きなれた言葉ではないので、知らない方もいるでしょう。まずは障害年金とは何かからご説明しましょう。

障害年金とは、日常生活に制限を受けるような病気やケガで働くことが困難な場合に、国の公的な年金として金銭的な援助を受けることができる制度です。(※障害者年金と覚え間違いをしている方がいますが、正しくは障害年金と言います。 )

まず年金といえば一番最初に思い浮かぶのは、原則65歳から受給できる「老齢年金」と、被保険者が亡くなった際に遺族(配偶者または子供) に支払われる「遺族年金」が一般的に知られていると思います。
しかし、65歳未満(※)でも受け取れる年金があります。
それが「障害年金」です。
※65歳以上でも受け取れる場合もあります。

障害年金ってどのくらいの人が受給してるの?

厚生労働省が発表している年金制度基礎調査によると現在約194万人が障害年金を受給しています。
内閣府の障害者白書によると、20歳以上65歳未満で障害がある人は約323万人(身体障害:約111万人/知的障害:約40万人/精神障害:約172万人)になるので、障害年金の請求できる可能性がある人の中で約6割の方しか受給していないのが現状です。
もちろん、この統計で障害者と認定されている人の中には障害年金の受給要件に満たしていない方もいますし、障害者と認定されていなくても受給できる資格を得ている方もいますので正確な数値ではないですが、間違いなく言えるのは、本来貰えるはずのお金を貰えていない人たちがいるということです。

申請しなければ貰えない

一定の年齢になれば国から案内が来る老齢年金と違い、障害年金は障害状態になったことを国に申し出なければもらえません。
ですが、障害年金の認知度は低く、保険料を納めていても制度自体を知らない方が多いのが現状です。これは国や関係機関による周知、広報の不足が主な原因だと思われます。結果的に受給可能な条件が揃っているにも関わらず障害年金を申請せず、受け取り損ねた金額が数100万円にも上るといった事例も起こっています。

うつ病など精神疾患も対象

障害年金は「肢体の障害」というイメージがありますが、実は受給者の約半数が精神疾患(うつ病・統合失調症・双極性障害・発達障害など)でお悩みの方や知的障害をお持ちの方です。精神疾患は一般的に長期に治療を継続する必要があり、就労が制限される等、生活上の困難をかかえることが少なくありません。障害年金を受給することで経済的不安が和らぎ、治療に専念することができます。

障害年金は書類審査

障害年金は原則として請求者が提出した下記の書類によって判定されます。

必要書類一覧
  • 診断書
  • 病歴・就労状況等申立書
  • 受診状況等証明書
  • 年金裁定請求書
  • 年金手帳(基礎年金番号通知書)、被保険者証
  • 戸籍謄本(3か月以内に発行されたもの)
  • 既に年金を受給しているときは年金証書
  • 年金の振込先の銀行の通帳のコピー

受給に必要な3つの要件

障害年金は誰でも受給できるわけではありません。身体や精神にまつわる障害のため、日常生活に困難が生じている人が対象で、以下の3つの条件を満たしている方が受給対象となります。

受給に必要な3つの要件
  • ①初診日当日に20歳以上65歳未満である。
    初診日基準なので現在65歳以上でも対象になります。
    先天性の障害ならびに20歳前に障害を発病した方は20歳未満でも対象になります。
  • ②初診日当日に国民、厚生、共済年金のいずれかに加入しており一定期間保険料を払っている。
  • ③障害の程度が条件を満たしている。
    障害年金の受給要件を満たさない場合でも「障害手当金」であれば受給できる場合があります 。

実際に受け取った受給はどんなもの?

障害年金は、精神疾患(うつ病・統合失調症・双極性障害・発達障害など)でお悩みの方や知的障害をお持ちの方でも受給できますが、症状や状況は多種多様です。
実際に皆様がどんな症状をお持ちの状態で受給されているかご紹介いたします。

相談をしたい

「障害年金を受け取りたいけど、手続きがよくわからない」「何から始めたらいいのかわからない」
当事務所は、お客様の障害年金に関わる全てのお悩みやそんな疑問点にお答えいたします。
障害年金にお悩みの方、申請したいと思われている方は、是非お電話またはメールにてお問い合わせください。丁寧にアドバイス・サポートをいたします。
また、相談の他に申請代行も承っておりますので、申請代行についてもお気軽にお問い合わせください。

障害年金のご相談は名古屋中央社会保険労務士法人へ

052-228-8731
初めての方へ
ご相談・申請代行の流れ
障害年金の受給要件
受給事例
よくある質問
料金のご案内

〒460-0008 名古屋市中区栄2丁目10番19号名古屋商工会議所ビル11階

TEL 052-228-8731